子育てしながら美容師復帰~女性美容師は需要が多い~ 子育てしながら美容師復帰~女性美容師は需要が多い~

働く女性はどうしている?美容師と家庭の両立~ブランクは関係無い!働きやすい求人を探そう~

先輩ママ美容師に聞いてみよう!仕事と家庭を両立するテクニック

先輩ママ美容師が、実践している家庭と仕事の両立テクニックを参考に、自信の働き方を研究してみましょう。

先輩ママ美容師の家庭両立テク

とにかく練習は大事!(20代半ば/女性)

出産前に勤めていたサロンのオーナーに「お客様の前に立ったら、新人もベテランも関係ない。プロの美容師として見られる。だから、しっかりと練習しなさい。」と言われ、今でも気をつけて練習をしています。お金を貰い、美容師としての仕事をするからには、本当にプロとしての意識が大切だと思います。ブランクがあっても、お客様には関係の無いこと。満足してもらえるように、日々練習です。

時間配分に意識したら家族との時間も作れました。(30代前半/女性)

私は、常に時間を意識して、仕事と家事をしています。家庭では、朝と夕方に各1時間家事タイムを設けて家事に専念。その他の時間は、家族との時間として切り分けて考えています。「美容師として働きたい」「家族とのコミュニケーションも大切にしたい」私には、この方法が一番合っているので、続けています。自分の時間は少ないですが、子どもが寝た後の時間を利用して、残りの家事をしたり、ジョギングしたりとストレスを溜めない様にしています。

家事の質を上げれば、家事と仕事でストレスが溜まりにくい!(20代後半/女性)

家事の質を上げて時短する様にしています。家電製品や食材配送のサービスなどを駆使して家事にかかる時間を短縮する方法です。洗濯機は、乾燥機能が付いているもので、干す時間を短縮。洋服も、シワになりにくい素材を選ぶことでアイロンの必要もありません。料理は、献立を考えるのも大変だから食材配送のサービスを利用。買い物に行く必要も無いので、時間を大幅にカットできます。食器洗いは食洗機、掃除はルンバ。頼れる家電やサービスを利用して美容師として働いています。

家事の道具や、職場での立ち回りを工夫すれば、自分自身の負担が軽くなります。求人を選ぶ際も、働きやすいサロンや美容室を選ぶことも大切です。自分に合った方法を見つけ、女性美容師として楽しく働きましょう。

TOPボタン